企業内保育所で働く保育士のメリットとデメリット

企業内保育所で働く保育士のメリットとデメリット

企業内保育所で働く保育士のメリットとデメリット

保育士の資格を持った方が企業内保育所で働くメリットとデメリットとしては次のような内容が挙げられます。

企業内保育所で働く保育士のメリット

まずメリットとしては、一般の保育園に比べてゆとりを持って保育業務に当たることができる点です。

基本的には遊びや食事、着替え、お昼寝といった日常保育がメインになり、子供の日や雛祭り、七夕、クリスマスといった行事では、施設内を飾り付ける程度の業務が追加される程度なのでそれほど負担になりません。

また、給与体系、福利厚生といった待遇面が充実している点も挙げられます。運営母体となる企業の規定に沿った労働環境で働くことができるため、安心して働くことができるでしょう。

更に残業もほとんど発生せずに、定時で上がることができます。一般の保育園の場合は、各種行事や職員ミーディング、研修などで時間外の業務が加わるケースが少なくありませんが、企業内保育所の場合はそれらの業務がほとんどありません。

仮に時間外労働が発生したとしても、就業規定に沿った時間外手当がきちんと支給されます。

そして、一般の保育所だと終業時間になっても片付けや手伝いなどをしないといけないような雰囲気が漂っている場合がありますが、企業内保育所の場合はあまりそういった風潮がないため、仕事として割り切った働き方をすることができます。

企業内保育所で働く保育士のデメリット

一方デメリットとしては、職場によっては、一人の保育士が担当する子供の数が多くなっている場合もあり、人数不足によって仕事の量がかなり多くなってしまうケースもあります。

これは企業内保育施設が基本的に認可外の保育園であるため、国の定めた設備や職員体系、安全・衛生面での管理基準等を満たしていないからです。

更に施設のスペースも十分ではなく、保育に必要な設備が十分に整っていないような職場も多い傾向があります。

これらの様々な配慮が不十分なところで働く場合には、保育士自身が安全面や衛生面、様々な保育業務に積極的に取り組む姿勢が求められるため、工夫をするアイデアを出していくなど主体性を持つ必要が出てきます。

参考:保育士派遣会社のおすすめ

保育士として転職するなら4月入職がおすすめ

保育士として転職するなら4月入職がおすすめ

保育士として転職するなら4月入職がおすすめ

保育士として働いていて、転職を考えることもあるでしょうか。保育園の方針や待遇面などで、他の職場で働いてみたいと思ったこともありますよね。
では、実際に転職する時、転職しやすい時期はあるのでしょうか。
それは確実にあります。4月がおすすめです。その理由を見ていきましょう。

人間関係がスムーズ

4月というと、保育園では先生も子供も新しく入れ替わる時です。
3月末で退職する先生もいれば、4月から新しく入ってくる先生もいます。先生の間の人間関係が大きく変わる時期ですね。
4月から勤務すると、新しい人間関係を築きやすいです。何人かは4月から勤務する先生がいるので同期ができますし、同じ立場なので悩みの相談もしやすいです。
子どもに対しても、年度の初めから保育することができるので、それぞれの子の特性をつかみやすく信頼関係を築きやすいです。保護者に対しても同じことが言えます。

前の職場を円満に辞めやすい

4月から勤務しようと思うと、前の職場を3月末で辞めることになりますね。3月末はやめる時期としては最適です。
保育園では、4月から3月を1年として考えるので、その途中で辞めてしまうと困ったことになります。
自分の担当していたクラスを途中で投げ出すと、子供も保護者も混乱しますね。保育園側も、年度の途中での転職には難色を示す場合がほとんどです。
辞めるなら、年度が変わる3月末での退職が一番です。その場合でも、12月末くらいには退職する旨を伝えておく必要があります。

求人の量が多い

保育園の求人を見てみると、4月からの勤務の求人がとても多いです。中には、求人が出る時期は12月くらいですが、実際の勤務開始は4月からという求人もあります。
年度の途中からの勤務の求人もありますが、量はあまり多くないです。なので、条件に合う求人が見つからないかもしれません。
4月からの求人を待つ方が、量も多く好条件の職場を選ぶことができます。

まとめ

転職を考えている人は、ぜひ4月からの勤務の求人もチェックしてくださいね。

小規模保育園で働くメリットとデメリット

小規模保育園で働くメリットとデメリット

小規模保育園で働くメリットとデメリット

保育園で働きたいと思っている人は、どのくらいの規模の保育園で働きたいと考えているでしょうか。
保育園と言っても、園児が多い大規模な保育園もあれば、数人しかいない小規模な保育園もありますよね。
働くにあたって、それぞれメリットやデメリットもあります。ここでは、小規模保育園で働くメリットとデメリットについてみていきます。

小規模保育園で働くメリットは?

小規模保育園では、職員の人数も子供の人数も少ないです。そのためアットホームな雰囲気であることが多いです。
それぞれの子供の特性もよく理解できるので、適切な対応ができるようになります。
保護者の人数も少ないので、じっくり関わることができ、人間関係を構築しやすいです。
また、行事やイベントをするときでも人数が少ないため準備などの負担が軽いです。会議や準備の時間があまり必要ないため、保育に専念することができます。
職員同士の人間関係が良ければ、落ち着いていて働きやすい職場と言えるでしょう。

小規模保育園で働くデメリットは?

子供の人数が少ないので、いろいろな特性を持った子供に接する機会はあまりないかもしれません。
また、大人数の子どもを引率する経験がないので、転職して大きな園で働く時には戸惑う可能性があります。
また子供が少ないので、子供同士の人間関係が固定化しやすいです。うまく輪に入れなかった子供に対してのフォローが難しくなります。
行事やイベントは、人数が少ないのであまり盛り上がらなかったり、単独では開催できないこともあるかもしれません。
職員の人数が少ないがゆえに、一度人間関係でトラブルが起きてしまうと、非常に居づらくなってしまいます。大規模保育園よりも、人間関係においては気をつけた方がよさそうです。

まとめ

小規模保育園で働くには、メリットもデメリットもありますね。でも自分が向いているかどうかは実際に働いてみないと分からないものです。
働いたことは経験にもなりますし、新しい発見もあるかもしれません。
保育士としていろいろな経験をしてみてくださいね。

保育士の転職相談にも使えるキャリアコンサルタント

保育士の転職相談にも使えるキャリアコンサルタント

保育士の転職相談にも使えるキャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントってご存知でしょうか。知ってるけど、相談したことはないという人が多いのではないでしょうか。
転職の際にはとても便利ですよ。

キャリアコンサルタントって?

キャリアコンサルタントとは、仕事を探している人にさまざまなアドバイスをする人のことです。
その人の能力や希望している条件などを元に、最適な求人を見つけてくれます。どんな仕事に向いているかの適性を判断してくれたりもします。
その人に最適な職業を提案してくれる人です。

転職の時にキャリアコンサルタントに相談するメリットは?

転職を考えている人は、現状では働いている場合が多いですよね。転職活動に使える時間が、あまりないことがあります。
そんな時、登録している転職サイトでキャリアコンサルタントに相談してください。
キャリアコンサルタントは、あなたの希望する勤務条件をしっかり聞いてくれます。そして、それに合った求人を提案してくれるのです。
もし、気に入った求人があれば、先方に連絡して面接の日程も決めてくれます。
いくつも求人があった場合、自分で調整するのは手間がかかりますよね。キャリアコンサルタントは、日程が被ったりしないように調整をしてくれます。
また、給与面や諸条件などで交渉したいときにも、代わりに交渉してくれます。あともう少し条件が調整できたら働けるのに、という時に助かります。

質の良い転職活動ができる

履歴書や面接は、転職活動には必須ですよね。キャリアコンサルタントは、履歴書の書き方の指導もしてくれます。
書き方の基本はもちろん、どのように書いたらよりアピールできるのかなどを教えてくれます。面接の時に気をつけるポイントやアピールの仕方も教えてくれます。
また、どのような雰囲気の職場なのかを教えてくれます。
求人を見ただけでは、想像がしにくいと思いますが、キャリアコンサルタントは、働いている人の年齢層や人数や勤務条件などから判断し、教えてくれます。
自分では気づかなかったことを指摘してくれるので、よりよい転職先を見つけることができます。

まとめ

転職に踏み切れない人も、一度キャリアコンサルタントに相談して質のいい転職活動をするきっかけを作ってみるといいでしょう。
なお、私が過去に利用したキャリアコンサルタントは「ほいく畑」です。非常に丁寧なアドバイスで口コミ評判も高く、保育士派遣の口コミで毎回上位にいる保育士求人サイトです。もしよかったら一度利用してみて下さい。

求人サイトもいいけど保育士の転職セミナーもおすすめ

求人サイトもいいけど保育士の転職セミナーもおすすめ

求人サイトもいいけど保育士の転職セミナーもおすすめ

保育士として働いていて転職を考えた時、どうやって転職しますか?
転職サイトに登録したり、ハローワークへ行って求人を探したりするのが一般的でしょうか。転職セミナーというものがあるのをご存知ですか?

転職セミナーって何をするの?

転職セミナーとは、人材を求めている側が合同で開くセミナーのことです。多くの求人が紹介されていて、個別のブースがありその場で情報を聞いたり相談もできます。
保育士の求人も多く含まれたセミナーもあり、一度にたくさんの求人情報を手に入れることができます。
また求人情報以外にも、講座が設けられていて受講することができます。勉強できる貴重な機会ですね。

誰でも参加できるの?

就職・転職セミナーは合同で行われていることが多く、セミナー自体には、新卒や既卒の人でも参加できます。ただ、内容は新卒・既卒で分かれています。
保育士の資格を持っていて、今は保育士として働いていないけれど働きたいという人向けのイベントが行われていることもあります。
他ではなかなかない機会なので、ぜひチェックしてみてください。

求人サイトと転職セミナーの違いは?

どちらも、求人を扱っているという点では同じですが、転職セミナーでは数が多いですしその場で話を聞く機会があるというのもいいですね。
気になる求人について、実際に話を聞くとどんな職場か想像しやすいですし、働いた時のイメージも湧きやすいです。
また、自由に見てまわって話も聞けるので、新しい発見があるかもしれませんね。転職の幅が広がるかもしれません。
また、転職セミナーの参加者には、書類選考が不要で面接だけでよくなる場合もあります。

転職セミナーはいつ開かれるの?

特に開かれる時期は決まっていないようです。年中を通して定期的に開かれるセミナーもあるので、就職している人でも参加しやすいですね。
自分の住まいの近くの会場をチェックしてみてください。

まとめ

転職セミナーには、参加するメリットがたくさんあります。どんな人が転職を考えているのか知ることもでき、刺激になりますね。

保育士転職の成功体験談

保育士転職の成功体験談

保育士転職の成功体験談

保育士として転職を考えている人もいるでしょうが、転職を思い立っても、うまく転職できるかどうか不安にもなりますよね。
転職してみたら、前の職場の方がよかったなどということもあるかもしれません。
保育士として転職に成功した人は、どのようにして転職できたのでしょうか。

転職する目的をはっきりさせる

なぜ転職したいのかを明確にすることです。勤務時間などに不満があるのか、給料に不満があるのか、人間関係に悩んでいるのか何か理由があるはずです。
その理由をはっきりさせないと、どのような職場を選んでよいのか分かりません。
転職が成功したと思っている人は、転職の理由をはっきりさせています。
例えば前の職場があまり休みがないので、転職先には休みが確保されている職場を選んで、プライベートを充実させている人もいます。
ただ何となく不満があるので転職したいと思っている人は、なぜそう思うのか理由をしっかり考えてみることが大切です。

環境の変化により転職をする

結婚や出産をすると、今まで通り仕事を続けるのは難しくなりますよね。それを機に転職を考える人もいます。
ずっと正社員としてフルタイムで働いていたけれど、短時間勤務のパートができる職場に転職したり、出産して一度退職した後にパートとして復帰する人も多いです。

全ての条件に合う職場はない

今の職場に不満があって転職を考えても、全てが望み通りな職場はまずないと思った方が賢明です。
勤務体制に不満があるとして転職をしたとして、転職先で勤務体制に関する不満は解消されても、他のことで不満が出てくる可能性は大いにあります。
転職が成功したと思っている人は、優先順位をつけています。何を一番優先したいのかをはっきりさせて転職すれば、他の面で不満が出たとしても転職したことには納得しています。

まとめ

転職にはリスクもありますよね。今の職場に不満はあるけれど、他の職場に転職しても同じだろうと考えている人も多いです。
でも、不満な理由をはっきりさせて優先順位をつけることで、いい転職ができる可能性は高いです。

保育士転職はスカウトに要注意

保育士転職の際はスカウトに注意しよう

保育士転職の際はスカウトに注意しよう

保育士の転職をしようと思った時ってどうしますか?一般的にはインターネットで求人を探したり、求人サイトに登録したりする方法があります。
サイトに登録すると、たくさんの求人の中から条件を絞って検索できて、便利ですよね。
求人サイトには、スカウトという機能があることが多いです。これは、サイトに会員登録をして希望の条件などを登録しておくと、それに沿った求人が出た時に知らせてくれるという機能です。
自分の希望に沿った仕事を教えてくれるなんて、とても便利だと思うでしょうが、注意も必要です。

本当に希望通りの条件なのか

自分で入力した条件なのですから、条件にぴったりな求人を教えてくれるのかと思いますが、そうでもありません。
例えば、条件に勤務日数は週に3日程度と入力したとします。
平日に3日程度のつもりでも、スカウトで届いた仕事は、平日に2日で土曜日に1日で週に3日だったということもあります。
平日に3日でも、平日に2日で土曜日に1日でも、同じ週に3日です。よく求人を見て、内容を確認することが大切です。

いい求人なのかどうか

スカウトで届く求人は、応募が集まらなくて困っている求人だったりすることもあります。
人気の求人なら、スカウトなどしなくても応募が埋まってしまいます。
全部の求人がそうではありませんし、中には自分にぴったりの条件の求人があるかもしれません。
でも、仕事内容に給料が釣り合っているのかどうかや、福利厚生の内容などをしっかりと確認することが大事です。

スカウトされたからと言って仕事が決まるわけではない

スカウトというと、まるで向こうから採用してくれるような気がしますが、そうではありません。あくまでも求人情報を知らせるだけであって、採用に有利になったりはしません。
ですので、スカウトが来たからと言って喜ばないようにしてください。

まとめ

仕事を続けながらだと、転職活動をするのも時間がなくて難しいですよね。そんな時にサイトに登録するのはとても便利です。
スカウト機能も、条件に重なる求人を教えてくれるのですが、本当に希望通りなのかしっかりと確認することが重要です。

保育士の私が転職する時に感じた悩みや不安

保育士の私が転職する時に感じた悩みや不安

保育士の私が転職する時に感じた悩みや不安

私は短大を卒業した後に、子供が好きという理由から保育士として働いていました。その職場では2年ほど働いていたのですが、自分が満足できる給料が得られなかったという点と、人間関係が辛くて転職をすることになりました。

退職をした後に転職サイトなどで求人を探して転職先を探していたのですが、その時は大きな悩みや不安を感じていました。

希望通りの仕事を探す大変さ

まず、自分の希望する職場がなかなか見つからないという悩みです。自宅から通える範囲で給料が以前の職場よりも高いところを探していたのですが、思っていた以上に少なくて苦労しました。

ハローワークにも行って相談員の方に話を聞いてもらい、やっと自分の納得できるところを探し出すことが出来たのです。

以前の職場で経験したトラウマ

ただ、その後も不安は感じていました。それは職場での人間関係です。以前の職場では上司が非常に厳しい方で、気に食わないことがあるとすぐに怒鳴られたりしていました。

また、他の保育士の方も上司のご機嫌を取ろうとして私の悪口を言うようになるなど、とても辛い思いをしていたのです。

そのため「次の職場でも同じような辛い人間関係が待っていたらどうしよう」という気持ちが強かったのです。

結果的に転職して正解だった

しかし、その後新しい職場に転職をして働き始めてみると、働いている方は皆良い方ばかりで人間関係で悩まされることもありませんでした。

給料に関しても満足できる金額を得ることが出来ているので、最初は悩みや不安が多かったですが、この職場に転職をできて良かったと思っています。

保育士求人サイトで受けられる転職サポートとは?

保育士求人サイトで受けられる転職サポートとは?

保育士求人サイトで受けられる転職サポートとは?

現在インターネットでは様々なサービスが提供されるようになっていますが、保育士の転職ということでチェックするべきとなるのが保育士求人サイトです。

ここでは保育士に関連する求人情報が出てくるたびにサイトが更新されていますから素早く最新の情報をチェックすることが出来ます。またしっかりとした大手の求人サイトであれば、そこで転職サポートを行っていることも少なくありません。

転職サポートってどんなサービス?

ですが、転職サポートと言っても具体的にそこで何をやっているのかということについてイメージがしづらいという人も少なくは無いでしょう。

キャリアコンサルタントによるアドバイス

ではこの転職サポートとしては具体的にどういったものがあるのかと言うと、まず基本となるのがキャリアコンサルタントによるアドバイスです。

キャリアコンサルタントはその分野におけるキャリア構築のプロです。そのコンサルタントと話していくことで自分が何を求めているのかということは自然と明らかになっていきますし、コンサルタントに自分の情報を多く伝えておけばお勧めの求人を出してもらうこともできます。

求人情報の紹介

また、転職サポートの重要な仕事となるのが、それぞれの人が持つニーズに応じた求人情報をセレクトして教えるということです。

例えば勤務時間が短いことを重視している人には短時間勤務が可能な保育所の求人情報を、キャリアを積むことを第一に考えている保育士に対しては大手が運営していて教育などの体制がしっかりしているところなどを紹介することになるでしょう。

転職サポートはこのほかにも転職に関連するさまざまな悩みを解決してくれる存在ですから、転職の際には是非登録をするべきだと言えます。

大半の保育士は人間関係が原因で転職している

大半の保育士は人間関係が原因で転職している

大半の保育士は人間関係が原因で転職している

保育士は他の業界と比べても女性が職場に多いという特徴があります。最近では男性保育士も増えてきたとはいえ、まだまだ業界の主役は女性にあると言って良いでしょう。

しかしながら、こうした女性社会と言うべき職場では女性が多いからこその問題も多く発生しており、特に転職を考える保育士の多くが抱えているのが「人間関係の悩み」なのです。

保育士の退職理由の2割は人間関係

東京都が保育士を対象に行った転職理由の調査においては「人間関係」が全体の20%を占め、5人に1人は人間関係が原因となって保育士を辞めているということが明らかになりました。

その人間関係の難しさの原因にはいくつかのことが挙げられるでしょうが、比較的多いのが感情の起伏が激しい人が多いという意見です。

例えば、楽しいことがあった日はニコニコと愛想よく付きあってくれるのに、プライベートで何か悪いことがあれば常にいらいらした態度で仕事に向かう人が多いといった感想を抱く人は少なくありません。

特に陰湿ないじめは深刻

また、この他には女性だからと言うのは少々問題があるのですが、女性社会特有の陰湿さがあるとも言われています。

陰口を言いあってコミュニケーションを取ったり、出る杭は打たれると言うように頑張っていると足を引っ張るなどの姿がよく見受けられ、結局真面目に保育士という仕事に向き合う気力が無くなってしまうわけです。

保育士不足解決のためにも助け合いが必要

しかし現代社会は深刻な保育所不足となっており、女性の社会進出においても大きな障害になっているのは確かです。

転職をするかその職業で生き続けるかは人それぞれとはいえ、なるべく支え合って多くの人が保育士として続けられるような社会の構築を目指すべきと言えるでしょう。