保育士転職はスカウトに要注意

  更新:2016/03/05

保育士転職の際はスカウトに注意しよう

保育士の転職をしようと思った時ってどうしますか?一般的にはインターネットで求人を探したり、求人サイトに登録したりする方法があります。
サイトに登録すると、たくさんの求人の中から条件を絞って検索できて、便利ですよね。
求人サイトには、スカウトという機能があることが多いです。これは、サイトに会員登録をして希望の条件などを登録しておくと、それに沿った求人が出た時に知らせてくれるという機能です。
自分の希望に沿った仕事を教えてくれるなんて、とても便利だと思うでしょうが、注意も必要です。

本当に希望通りの条件なのか

自分で入力した条件なのですから、条件にぴったりな求人を教えてくれるのかと思いますが、そうでもありません。
例えば、条件に勤務日数は週に3日程度と入力したとします。
平日に3日程度のつもりでも、スカウトで届いた仕事は、平日に2日で土曜日に1日で週に3日だったということもあります。
平日に3日でも、平日に2日で土曜日に1日でも、同じ週に3日です。よく求人を見て、内容を確認することが大切です。

いい求人なのかどうか

スカウトで届く求人は、応募が集まらなくて困っている求人だったりすることもあります。
人気の求人なら、スカウトなどしなくても応募が埋まってしまいます。
全部の求人がそうではありませんし、中には自分にぴったりの条件の求人があるかもしれません。
でも、仕事内容に給料が釣り合っているのかどうかや、福利厚生の内容などをしっかりと確認することが大事です。

スカウトされたからと言って仕事が決まるわけではない

スカウトというと、まるで向こうから採用してくれるような気がしますが、そうではありません。あくまでも求人情報を知らせるだけであって、採用に有利になったりはしません。
ですので、スカウトが来たからと言って喜ばないようにしてください。

まとめ

仕事を続けながらだと、転職活動をするのも時間がなくて難しいですよね。そんな時にサイトに登録するのはとても便利です。
スカウト機能も、条件に重なる求人を教えてくれるのですが、本当に希望通りなのかしっかりと確認することが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。