保育士転職に使える志望動機の例文

  更新:2016/01/18

保育士転職に使える志望動機の例文
近ごろでは、さまざまな理由で新たな職場を求めて転職活動を行っている人が増えています。専門的な保育スキルを習得している保育士の中にも積極的に新たな職場を探している人が多く見られるようになりました。

志望動機に給料や人間関係についても記載

その志望動機として挙げられるのが、給料やボーナスなど収入のアップや、職場の人間関係です。また、さらなるスキルアップを求めて、よりレベルの高い場で働きたいと考えている向上心の強い保育士もいます。

事前リサーチが大切

希望の職場に就職するためには、事前にしっかりとした志望動機を練る必要があります。例えば、職場の雰囲気を重視している人の場合は、なんでもお互いに話し合える風通しの良い職場で働きたいと望んでいるため志望しましたというアピールができます。

また、キャリアアップを実現するために自分自身の能力を総合的に高めることを目的として、よりハイレベルの労働環境を選びましたと志望動機に挙げることも効果的と言えます。

面接での話しを意識した志望動機を

子供が好きでなければ務まらない仕事の保育士は、その人間性も重要視されています。常に笑顔で明るく子供たちに接することができる優秀な保育士が採用される傾向にあります。

そのため、履歴書に志望動機を記入する際や担当者との面接では、転職したい理由をはっきりと明確に伝えることが何よりも大切なのです。

仕事への強い意欲やこれまでの豊富な経験を活かせる職場を求めている旨を上手に示せるように心がけることによって、転職活動を成功に導くことができます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。