保育士転職の成功体験談

  更新:2016/03/15

保育士転職の成功体験談

保育士として転職を考えている人もいるでしょうが、転職を思い立っても、うまく転職できるかどうか不安にもなりますよね。
転職してみたら、前の職場の方がよかったなどということもあるかもしれません。
保育士として転職に成功した人は、どのようにして転職できたのでしょうか。

転職する目的をはっきりさせる

なぜ転職したいのかを明確にすることです。勤務時間などに不満があるのか、給料に不満があるのか、人間関係に悩んでいるのか何か理由があるはずです。
その理由をはっきりさせないと、どのような職場を選んでよいのか分かりません。
転職が成功したと思っている人は、転職の理由をはっきりさせています。
例えば前の職場があまり休みがないので、転職先には休みが確保されている職場を選んで、プライベートを充実させている人もいます。
ただ何となく不満があるので転職したいと思っている人は、なぜそう思うのか理由をしっかり考えてみることが大切です。

環境の変化により転職をする

結婚や出産をすると、今まで通り仕事を続けるのは難しくなりますよね。それを機に転職を考える人もいます。
ずっと正社員としてフルタイムで働いていたけれど、短時間勤務のパートができる職場に転職したり、出産して一度退職した後にパートとして復帰する人も多いです。

全ての条件に合う職場はない

今の職場に不満があって転職を考えても、全てが望み通りな職場はまずないと思った方が賢明です。
勤務体制に不満があるとして転職をしたとして、転職先で勤務体制に関する不満は解消されても、他のことで不満が出てくる可能性は大いにあります。
転職が成功したと思っている人は、優先順位をつけています。何を一番優先したいのかをはっきりさせて転職すれば、他の面で不満が出たとしても転職したことには納得しています。

まとめ

転職にはリスクもありますよね。今の職場に不満はあるけれど、他の職場に転職しても同じだろうと考えている人も多いです。
でも、不満な理由をはっきりさせて優先順位をつけることで、いい転職ができる可能性は高いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。