保育士として転職するなら4月入職がおすすめ

  更新:2016/04/28

保育士として転職するなら4月入職がおすすめ

保育士として働いていて、転職を考えることもあるでしょうか。保育園の方針や待遇面などで、他の職場で働いてみたいと思ったこともありますよね。
では、実際に転職する時、転職しやすい時期はあるのでしょうか。
それは確実にあります。4月がおすすめです。その理由を見ていきましょう。

人間関係がスムーズ

4月というと、保育園では先生も子供も新しく入れ替わる時です。
3月末で退職する先生もいれば、4月から新しく入ってくる先生もいます。先生の間の人間関係が大きく変わる時期ですね。
4月から勤務すると、新しい人間関係を築きやすいです。何人かは4月から勤務する先生がいるので同期ができますし、同じ立場なので悩みの相談もしやすいです。
子どもに対しても、年度の初めから保育することができるので、それぞれの子の特性をつかみやすく信頼関係を築きやすいです。保護者に対しても同じことが言えます。

前の職場を円満に辞めやすい

4月から勤務しようと思うと、前の職場を3月末で辞めることになりますね。3月末はやめる時期としては最適です。
保育園では、4月から3月を1年として考えるので、その途中で辞めてしまうと困ったことになります。
自分の担当していたクラスを途中で投げ出すと、子供も保護者も混乱しますね。保育園側も、年度の途中での転職には難色を示す場合がほとんどです。
辞めるなら、年度が変わる3月末での退職が一番です。その場合でも、12月末くらいには退職する旨を伝えておく必要があります。

求人の量が多い

保育園の求人を見てみると、4月からの勤務の求人がとても多いです。中には、求人が出る時期は12月くらいですが、実際の勤務開始は4月からという求人もあります。
年度の途中からの勤務の求人もありますが、量はあまり多くないです。なので、条件に合う求人が見つからないかもしれません。
4月からの求人を待つ方が、量も多く好条件の職場を選ぶことができます。

まとめ

転職を考えている人は、ぜひ4月からの勤務の求人もチェックしてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。